Myカテゴリ
おすすめガイドブック (76)
おすすめ情報 (18)
クレジットカード (10)
旅行準備 (20)
海外携帯電話・インターネット (14)
海外旅行保険 (6)
空港(国内)関連 (13)
語学学習 (10)
[アジア全般*] (5)
[アジア]シンガポール (26)
[アジア]タイ(バンコク) (55)
[アジア]バリ島 (19)
[アジア]ベトナム (68)
[アジア]中国(上海) (27)
[アジア]中国(北京) (37)
[アジア]台湾(台北) (63)
[アジア]韓国(ソウル) (56)
[アジア]香港 (31)
[アメリカ全般*] (16)
[アメリカ]グアム (54)
[アメリカ]サンフランシスコ (18)
[アメリカ]ニューヨーク (49)
[アメリカ]ハワイ (64)
[アメリカ]ラスベガス (43)
[アメリカ]ロサンゼルス (36)
[オセアニア]ケアンズ (13)
[ヨーロッパ全般*] (1)
[ヨーロッパ]イタリア (15)
[ヨーロッパ]パリ (28)
[ヨーロッパ]ロンドン (12)

2011.05.10

 [アジア]ベトナム

ベトナム語講座(9)"ごめんなさい"

【カテゴリー】
最新情報おすすめグルメホーチミンの過ごし方リゾート
出発準備出入国現地情報ベトナム語講座




【本文】
旅は良いことばかりとは限りません。時にはこの言葉を使う必要がある場合もあるでしょう。ベトナム語の「ごめんなさい」は「Xin loi(シン ローイ)」。「本当に申し訳ない」ときから、ちょっとした「ごめんなさい」まで、謝罪の気持ちを表したいときは、ためらわずに「シン ローイ」。

例えば、座っている人の後ろを通らせてもらうとき、食べ物をこぼしてしまったとき、約束の時間に遅れたときなどなど。まるで話を始めるときの枕詞のように「シン ローイ」を連発するのは、丁寧というよりは変な感じですが、「申し訳ないな」という気持ちがあるときは、素直に「シン ローイ」と言うのが良いでしょう。その後の話し合いもスムースに進みます。

「シン ローイ」だけでも問題ありませんが、頭に、自分に対する1人称の呼称をつけると、もっと自然な表現になります。この1人称の呼称も、相手と自分との年齢関係によって変わります。

・相手が年上である場合は男女を問わず、
「Em xin loi」(エム シン ローイ)、
・自分が女性で相手が年下の場合は、
「Chi xin loi(チー シン ローイ)」、
・自分が男性で相手が年下の場合は、
「Anh xin loi(北部:アイン/南部:アン シン ローイ)」です。




Check

コメント

・相手が年上である場合は男女を問わず、
「Em xin loi」(エム シン ローイ)、

Emは年下への呼び方じゃなかったっけ?

2011.05.22 17:46 bisyo さん

コメントは現在受けつけておりません。